スポンサー

上昇トレンドの範疇なのか?下落トレンドの範疇なのか?

 

トレンドとは?
上昇か下降のどちらか一方向に継続的に動いていること

今回は「下落トレンドの範疇なのか?上昇トレンドの範疇なのか?をどう判断するか」御堂さんはどう判断しているのか、その一つを書いていきたいと思います!
<画像1> OIL  月足
Q
月足で見ると今は上昇トレンド?下落トレンド?どちらの範疇であると考えられますか?
答え

 

 

 

 

 

 

A
「下落トレンドの範疇」と考えます

・何故かというと?

下落の方がパフォーマンスが良い相場だからです

・パフォーマンンス良いとは?

間と」と「値幅」の効率が良いということです
パフォーマンスが良い方向=トレンド方向と考える
ただし、時間足を変えれば見え方が変わってくるので注意です!

特に中長期ベースでトレードする場合はどちらの範疇なのか意識して取引することが大事になってきそうです。

他の相場で見てみます

豪円の月足チャートを見てみました
<画像3> AUD JPY  週足

週足チャートでは、下落の方がパフォーマンスが良いのか一目瞭然です

戻り売り狙いでエントリーポイントを探すという戦力がたちます。トレンドが分かると戦略が立てやすくなりそうです

次にUSDJPY相場を見てみました!
<画像3> USDJPY 週足

 

下落、上昇どちらのパフォーマンスが良いのか考えます

ドル円は少し分かりにくいですが週足チャートでは、ロウソク足が下落の時の方が大きいので下落トレンドの範疇と言えますね。
パフォーマンスが逆転するまでは下落トレンドの範疇になります!

ただし、パフォーマンスの良いに必ず行くいう訳ではないのでプライスアクションを確認しながら優位性のあるポイントでのエントリーしたいと思います
✅今回のポイント
パフォーマンンスの良い方向=トレンド方向
スポンサー
おすすめの記事