スポンサー

三角保ち合いの見方

今回は、【三角保ち合いをどう分析するのか御堂さんのYouTubeの分析動画を私なりにまとめみました。

 

 

まず、「三角保ち合い」とは?
上値を徐々に切り下げ、あるいは下値を徐々に切り上げながら(その両方の場合もある)、相場が煮詰まっていくこと。 上値抵抗線と下値支持線に囲まれた空間が次第に先細り、三角形の形になることです。

<画像1>

では、三角保ち合いを分析するポイントは?
ポイント
三角保ち合いの上昇と下落のパワーバランスを見極める
<画像2>
<解説>
上昇と下落どちらが効率よく動いているか見極める。
時間と値幅からみてどちらが効率よく動いているかという事です。

<画像2>の場合は、上昇の方がパワーバランスが強いですね

この分析方法を自分のトレードに取り入れていきたいと思います。
私は、意識される節目での逆張りトレードする事が多いので意識される節目て三角保ち合いになった時にパワーバランスを見てエントリーを見極めたいと思いました。

いくつか検証して見たいと思います。
検証1

USD/JPY、週足の売りの厚い領域で三角保ち合いが出現。

下位の時間足でパワーバランスを見てみます。

下落の方が効率よく動いていますね。パワーバランスは下落の方が強そうです。

その後、どうなったか見てみましょう。


三角保ち合いを下にブレイクし、そのまま下落していました。
検証2

EUR/USD、週足の売りの厚い領域で三角保ち合い出現

下位の時間足でパワーバランスを見てみます。

下落の方が効率的でパワーバランスが強そうです。
どうなったのか見てみましょう。
三角保ち合いを下に向け、そのまま下落していました
検証3
 USD/JPY、月足の売りの厚い領域に出現した三角保ち合い

下位の時間足でパワーパランスを見てみます。

どちらのパワーバランスが強いか判断が難しいです。
その後どうなったのか見てみます。
売りの厚い領域を破り、上昇していました。

パワーバランスを見る事はとても大切ですね。パワーバランスの判断が出来ない時は逆張りしない方が良さそうだなと今回検証してみて思いました。週足・月足で検証しましたが、下位の時間でも検証が必要だなと思いました。
参考にした御堂さんのYouTube分析動画はこちらです

最後まで読んでいただきありがとうございます。
私なりのまとめですがの参考になれば嬉しいです。

新規口座開設 30,000円!GemForexの登録方法はこちらから
【ボーナス最強?! GemForex 開設方法 分かりやすく解説】
新規口座開設 30,000円 キャンペーン実施中!

2020年4月7日まで

XMの登録方法はこちらから
【XMの口座開設方法】

新規口座開設で3,000円のボーナスがもらえます!

XMの公式ホームページはこちらから

🔻 🔻 🔻

 

スポンサー
おすすめの記事