スポンサー

V字・Ⅴ字の騙し

<V字>

V字で急落前水準を取り戻した場合、

右側で調整し高値更新していく

(黄色の↑の方向に)

 

<V字の騙し>

しかし、右肩が左肩の実体部分まで取り戻せたとしても、

右肩で左肩以上に値幅的な下げ(調整)をした場合はそのまま落ちていくことが多い。

V字の節目を深ぼるときは、

そのまま下落、大陰線で落ちていきやすい。

 

 

V字の左辺と右辺が完成するまでの時間軸での考察

強いV字はV字の肩まで戻る時間が早い!

その確認の方法は簡単です

チャート上でV字の左辺と右辺のローソク足を数えればすぐに分かる!

考えてみよう!

V字の左辺と右辺のローソク足を数えれて強さ、弱さを見てみましょう

ほとんど、急落前水準まで戻していますが、下落は5本、上昇は13本分時間かかっています。

時間がかかる=弱い、上値を超えることが出来ず下落しています!

いろいろなパターンの強さ弱さを時間経過で見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん見るほど、強さ弱さは時間軸でわかることが分かります!

弱いパターンがカタカナの『レ』の弱いタイプのVです

例えば、W底になりそうと思い右辺でロングした場合でも、エントリーの後、時間がかかりすぎてることが分かれば短期決済ができますね!
スポンサー
おすすめの記事