スポンサー

典型的な下落パターン

 

三角保ち合いなどを上にブレイクしているのが望ましい

 

しかし売りの厚い領域

頭にを押さえつけられてフェイクとなり

上髭のピンバーを作る

<日足>

その後、ブレイクポイントから逆にブレイクして下落

 

上髭ピンバーがポイントですね!

この内容は御堂さんのYouTube動画(12月26日の30分~)動画を参考にしています!
動画を見るとその時の相場観などもわかると思います。

過去の相場を探してみた

<4時間足>

日足を見ると上髭のピンバーになっています
<日足>

その後、三角保ち保ち合いを下にブレイク!
<日足 広域>

上で説明したパターンとほぼ一緒ですね!このパターンは必ず覚えようとおもいます!
御堂女子のまとめ
三角保ち合いの場合は、ブレイクした直後に売り(買い)の厚い領域があるのか確認しておく
ブレイクしても安易に順張りせず、フェイクかどうか見極める!
上髭のピンバーの確認は長めの時間足で確認するよにする

 

 

 

スポンサー
おすすめの記事