スポンサー

急騰前水準

一定程度、中期的に上昇トレンドを継続させた後、

時間をかけて上げ幅を打ち消してきた時

 

トレンドの始点

「急騰前水準」で下げ止まり、

自立反発再び上昇に転じケースが多い。

<自立反発>

<再び上昇>

何故、再び上昇するケースが多いのかというと、

「急騰前水準」

投資家が無意識的に意識をする領域

決済売り新規の買いが入りやすい場所

だからです。

 

中央最高値から綺麗な下落 してきて、

急騰前水準で支えられて上昇したときは、

底固めされてない場合一旦落としてくることがある

自立反発狙いなのか、中長期狙いなのかの判断は底固め(天井の固め方)の値動きで判断ですね!

 

 

 

 

 

スポンサー
おすすめの記事