スポンサー

初心者のためのMT4使い方ガイド(PC編)

トレードを初めてMT4を使い始めた時に分からなかった事や
知りたかった便利な技を記事にしてみました!
初心者編です

1、MT4にサーバーネームがなくてログイン出来ない場合

MT4にログインするにはログインIDパスワードサーバーネームが必要になります

サーバーネームが更新がされておらず、古くなっていてサーバーネイムがない場合があります!

 

〜解決方法〜

1、タブのファイルを開きます

2、ファイルのタブ内にある『デモ口座に申請』をクリック

4、スキャンをクリック

 

これで更新完了になります!再度ログインしてみてください

2、通貨ペアがない時

新規チャート作成で欲しい通貨、株式指数、CFDが入っていなかった場合のやり方

〜解決方法〜

1、タブの表示をクリック

2、表示のタブないにある『通貨ペアリスト』をクリック

3、取引したい銘柄の左のアイコンをクリックして黄色になればOKです

 

新規チャート作成をもう一度行ってください
タブのファイルをクリックして新規チャートの中に追加した銘柄が入ればOKです
私はMT4が使えるXMを使っています

 

 

 

 

 

3、注文方法

エントリー注文決済注文の入れ方を説明します

注文方法はチャート左上トレードパネル新規注文のアイコンチャートクリックの3つの注文があります

 

<トレードパネル>

 

トレードパネルでの注文は成り行き注文になります

1、トレードパネルが出てない場合は銘柄の左上の▲マークをクリック

2、注文したい銘柄の左上のトレードパネルに注文するロットを入力

3、売る場合はSELL 、買う場合はBUYをクリックします

これで注文は完了です

※ワンクリックオーダーの注意画面が最初に出てきます。よく読み『同意』をクリック

 

<新規注文のアイコン>

新規注文のアイコンからの場合は成り行き注文指値注文が可能です

1、注文した銘柄を選択してロットを入力

2、注文種別成り行き注文か指値注文なのか決めます

 ・成り行き注文の場合

売り注文、買い注文をそのままクリックして注文完了になります

 

 ・指値注文の場合

(1)指値注文の注文種別から

Buy Limit (買い指値)

現在の価格より下(低い価格)にきたら買いたいという指値注文

Sell Limit(売りの指値)

現在の価格より上(高い価格)にきたら売りたいという指値注文

BuyStop(逆指値買い)

現在の価格より上(高い価格)にきた時に買いたいという指値注文

Sell Stop(逆指値売り)

現在の価格より下(低い価格)にきた時に売りたいという指値注文

を選びます

(2)希望の価格を入力発注をクリック

 

完了画面になったら注文完了になります

 

 

<チャート画面から注文>

1、エントリーするとその位置が点線で表示させます

緑色の点線がエントリーラインです

その点線をクリックしながら動かすと利確注文と損切り注文が入れられます

(利確注文、決済注文が入っている場合もチャート画面で価格変更が可能です)

※銘柄によって必要な価格を離す必要があり、近すぎる場合には注文が入れられません

チャート画面から利確と損切りを設定するのがオススメです!
やり方

<BUYの場合>

・エントリーラインの点線をクリックしながら上に動かすと利確価格の設定

・エントリーラインから点線をクリックしながら下に動かすと損切り価格(逆指値)の設定が可能です

★動かすと損益が表示されるので分かりやすいです

★一度設定した後でもまた動かすと変更が出来ます

★エントリー時に利確、損切り(逆指値)を入れた場合はそのラインに点線が付くので変更する場合はその線を動かすことで出来ます

 

4、注文変更方法・決済方法

<注文の変更の仕方>

1 ターミナルの取引画面を開きます

2 変更したい注文を右クリックします

3 『注文変更または取消』をクリック

4 注文の発注画面が出てくるので価格を変更します

  損切り価格の設定(決済逆指値)利確の価格設定(決済指値)もできます

 

5 変更をクリックして、完了画面が出れば注文完了です

 

<分割決済>

一つのオーダーに対して、指値で分割の利確や損切りが出来ません

成り行きでは部分決済が可能です

1 ターミナルの取引画面を開く

2 エントリー中の決済したいポジションをダブルクリック

3 『オーダーの発注画面』が出きます

4 数量の部分に分割決済したいロットを入力します

5 黄色の部分の成り行き決済をクリックします

 

部分決済完了です
決済と損切りの価格をバラバラにしたい場合はエントリーを何回かに分けてエントリする方が良いと思います!

 

 

 

 

5、インジケーターの入れ方

XMに入っていないインジケーターをXMに入れたい場合の入れ方

 

1、入れたいインジケーターをPCに保存

2、MT4を起動

  <1>『ファイル』→『データファイルを開く』→<2>『MQL4』→<3>『indicators』ファイルを選択

<1>

<2>

<3>

 

 

3、『indicators』ファイルにPCに保存した入れたいインディケーターのファイルを入れます

4、MT4を再起動

5、ナビゲーションに新しいインディケーターが入って入ればインストール完了です!

 

6、XMの取引時間

 

XMMT4は土・日曜日はお休みになります!
開始時間、終了時間を忘れがちなので書いておきます

夏時間:月曜日朝6時5分〜土曜日朝5時50分

冬時間:月曜日朝7時5分〜土曜日朝6時50分

(日本時間表示)

 

★夏XMの時間は3月最終日曜日午前1〜10月最終日曜日午前1時まで)

 

★CFD商品はそれぞれ取引時間が異なります→こちらから確認出来ます

 

 

スワップポイントのつく時間

 XMのスワップがつく時間

夏時間 朝05:59〜06:00

冬時間 朝06:59〜07:00

 

(日本時間)

木曜日の朝(日本時間)に付くスワップポイントが3倍になります

 これは週末分のスワップが付くためです

マイナススワップのポジジョンを持っている場合は注意です
私はマイナスの3倍スワップを何回も経験して何度も泣きました;;

※ポジションのスワップがプラスかマイナスがわからない方はこちらをクリック

XMのFX計算ツール『スワップ計算機』 で取引通貨・ロットを入力すると簡単にわかります !

 

 

MT4で過去検証する方法

MT4では簡単に過去検証できる方法があります

1 過去の検証したい場所までチャートを戻す

2 キーボードの『F12』を1回押すと ロウソク足が一本進みます

 また、『shift』+『F12』を押すと一本後ろに戻ります

 

<画像1>

<画像1>のアイコンがオンの状態だと検証できません!オフにしてください!

一つの時間足しか検証できません、色々な時間足を見ながらの検証はできません 

 

すぐに簡単にできて、自分のペースで考えながらチャートを進められるので便利です♪

 

 

スポンサー
おすすめの記事