スポンサー

圧力を見分けるポイント

高値更新幅(安値更新幅)で圧力を見極める
『圧力=強さ』
<画像1>

 

<画像1>最高値更新幅が狭くなっていて

高値更新するまでの時間がかかっている

 

その場合、上昇圧力の低下が感じられる

 

上昇ウェッジを下抜く蓋然性が高い

 

 

その後を見てみると

 

 

上昇ウエッジを下抜いています!
高値更新幅の変化から下落を読み取ることが出来ました

 

 

 

 

ロウソク足の実体の大きさ、時間、上髭下髭から圧力を読み取る

 

<実体の大きさ、Y軸>

陽線の実体の平均的な大きさを比べて見てみると、

黄色の枠 > 青色の枠 > 緑色の枠 

の順に実体が小さくなっていっています

 

実体が小さくなっている=上昇圧力の低下

 

 

<上昇(下落)の時間、X軸>

 

黄色の枠 > 青色の枠 > 緑色の枠 

の順に

上昇する時間が遅くなっている

 

これは、上昇圧力が弱くなってきている現れ

 

<ヒゲ>

緑色の枠の中は黄色の枠と青色の枠に比べて髭が多い

髭が多くなる、乱高下している=迷っている、上昇圧力の低下

迷っているときは抵抗帯を一気に抜いてくることは少ない

 

その後を見てみると

 

 

高値更新が出来ず下落していました

YouTubeの動画から作っています!

こちらの動画も全てではないですが

圧力ついて教えてくれている動画になります

2/19の分析動画でもロウソク足の大きさの強さについて教えてくれています
<OIL 月足>
<OIL 月足>黄色の枠、
今までにない大きな髭のない大陽線
この場合、
綺麗に続落する下落トレンドはもう終わり
下落トレンドを進行させるとしたらには時間がかかる!
下落転換したとしても効率の悪い下落になりやすい
それは大陽線をトレンド転換した思い
押し目買いしてくる投資家がいるから
<ダウ 日足>
<ダウ 日足>黄色の枠、
これまでの上昇の中では大きな髭のない陽線
この場合、
売りの厚い抵抗帯が上にあっても
落ちてもまた買われる相場環境で、落ちるまでに時間がかかる

私がエントリーして損切した所を見てみると、
売りの厚い抵抗でショートした時、その前は大陽線だったパターンが何回ありました
分析では必ずみないといけないですね!
参考にした動画はこちらです
追加1
圧力の変化は上昇トレンドの場合、買われ方が変わり始め、そして売られ方も変わり始める変化が見られる、その変化を読み取る!
御堂女子のまとめ
・ロウソク足の大きさや上昇幅、上昇時間で圧力を見る
・エントリーしたい厚い抵抗帯にくるまでの圧力とその厚い抵抗帯での圧力を分析する
・無意識的に見られるように習慣化していきます!

スポンサー
おすすめの記事