スポンサー

"いままで"との変化

いままで同じ動きをしていた値動きが変化した時

その変化に気づく事が大切!

 

<画像1> BTCJPY 4時間足

 

<これまでの動き>

不規則な乱高下レンジの急落局面の推移が

<画像1>いままでは一旦大きく下落しても

急落前水準に戻ってきている

 

<画像2> BTC 4時間足

 

<変化した動き>

いままでが黄色の矢印、変化した動きは赤色の矢印

急落した後、自律反発をした

長い時間急落前水準には戻らず

急落した中間領域で下げ止まっている

いままで急落した後上げどまる事は1度もなかった

①から④によって

この変化によって買いの圧力が弱くなっていることが確認できる

変化に気づく事でわかる事がある

※ただし買い圧力が弱まってるから売りだ!
となるのではなく、その他の値動きを分析して総合的に判断する

 

 

相場の変化を探してみた

 

<画像3> EURUSD  4時間足

 

乱高下レンジ相場

レンジの上限のラインにタッチしては売られを繰り返している

 

<画像4>

 

<画像3>の同じ動きから変化

上限のラインにタッチしても売られなくなる

いままでそんな動きは一度もなかった

この変化によって

売り圧が弱くなってきたことがわかる

 

その後を見てみると

 

<画像5>

 

乱高下レンジを上抜けしています

 

この変化だけではエントリーする優位性は少ないですが
抵抗帯や他にロウソク足から読み取れる事と複合的に考えて、

蓋然性ではなく優位性がある時にエントリーしたいと思いました

 

参考にした御堂さんのYouTubeの分析動画はこちら

 

 

 

スポンサー
おすすめの記事