FTX(エフティーエックス)


『FTX』は、最近注目されている『香港の
暗号通貨取引所』です。
最大レバレッジは101倍
日本国内の取引所はレバレッジ2倍になりはじめているので、これからさらに海外取引所が必須です。

『FTX』の魅力ざっくり説明していきます。後半は、『FTXの口座開設方法』や『キャンペーン情報』もあります。
🔻FTX登録はこちら🔻

FTXの基本データ

所在

香港

会社名

Alameda  Reseaech(アラメダリーサーチ)

取引銘柄

266種類

レバレッジ

最大101倍

追証

なし

証拠金

法定通貨、仮想通貨合わせて約150種類
※JPYは不可

スワップ

毎1時間の変動性
取引商品 現物、先物、MOVE、レバレッジトークンなど
手数料 変動性
公式ホームページ FXT

 

アラメダリサーチは仮想通貨の投資会社でもあります。
BitMEXのリーダーボードにも記載されていた事から話題になりました。

 

『FTX』の魅力
・デリバティブ取引の豊富さ
入出金手数料無料!
サブアカウント作りたい放題(50口座)

・システム未経験者でも『quantszone(クオンツゾーン)』で自動売買が可能!

・『FTT』の保有量で取引手数料の割引がある

・本人確認なしで取引可能
1日2000ドル以下の出金であれば本人確認をしなくても取引可能

・最大101倍のレバレッジ

・公式サイトは日本語にも対応

 

 

ざっくりですが説明していきます!

デリバティブ商品の豊富さ!

どのような商品があるか説明します。

1、仮想通貨の現物(SPOT)
2、先物取引(FUTURES)
3、レバレッジトークン(レバレッジが適応されているトークン)
4、MOVE(ビットコインの値動きの絶対値の先物取引)
5、インデックス商品(アルトコインのバスッケット商品)

 

FTXでは現物は『SPOT』、レバレッジ取引は『FUTURES』といいます。
💡『FUTURES』の中の『PERP』でBitMEXの無限先物と同じような取引が可能です。

「レバレッジトークン」と「MOVE」、「インデックス」の取引については下記で簡単に説明します。

 

レバレッジトークン


レバレッジトークンとは、
商品そのものがレバレッジがかけられた商品となっており、1つの商品として現物取引を行える商品です。

レバレッジトークンには、いくつか種類あります。

レバレッジトークンの種類

・BULL:レバレッジ3倍でロング

・BEAR:レバレッジ3倍でショート
・HEDGE:レバレッジ1倍でショート

 

💡レバレッジトークンの特徴は、
レバレッジをかけながらのスポット(現物)取引となるので、FXや先物取引のような強制ロスカットがないところです。

注意ポイント

ただし、レバレッジトークンでは、
維持率を一定にするために1日1回、日本時間の午前11時に「リバランス」が行われます。
簡単に言うと、ポジション(トークン)の一部が売買されてポジションキープを行っていると言うイメーシです。強制ロスカットはありませんが、リバランスを行った際に手持ちの資金がゼロになるとポジションは清算されます。

MOVE

MOVEは、簡単に言うと『ビットコイン価格変動取引』です。

✅ ビットコインの価格が大きく変動すると思えば「買い」、変動しないと思えば「売り」という。
『ビットコインの価格変動を利用した取引』です。

💡大きく動きそうだけど上か下か分からないと言う時(買い)やこのまま動かないだろうなと言う時(売り)に使えます!

 

 

インデックス商品

💡インデックス商品とは、簡単に説明すると『いろいろな商品を一緒にまとめた商品』とイメージです。

FTXにはいくつかインデックス商品があります。

ALTインデックス
アルトコインをまとめた商品

SHITインデックス
草コインをまとめた商品

DRGNインデックス
中華系銘柄トークンをまとめた商品

 

入出金手数料無料!

 

FTXは『入出金手数料が無料』です。
特に出金手数料無料の取引所は少ないので本当に有り難いですね。
ただし、別途でトランザクションフィーは必要です。

 

 

『サブアカウント』50個作りたい放題!

 

サブアカウント機能は、本当に便利です。
サブアカウントとは?

複数口座』の事です。
FTXはサブアカウントを50口座まで作成可能だそうです!

一つの口座で色々なトレードをしているとゴチャゴチャして分かりにくいのをサブアカウントが解決してくれます。
サブアカウントの証拠金はそれぞれ独立しているので損益が分かりやすくなります。
使わない資金を分けておく場合にも使えます!

💡サブアカウントのポイント
・作成は簡単10秒

50口座まで作れる
・証拠金は独立している
・口座ないの資金移動は簡単!即時!
レバレッジはサブアカごと決められる
・サブアカごとにAPIを設定出来る

 

サブアカウント機能は、リアルトレーダーが作る取引所だなと思う機能の一つです。

初心者でもQuantszoneで自動売買可能!

 

このQuantszone(クオンツゾーン)がやりたくてFTXに登録する人も多いと思います。

 
FTXでは、2020年4月から『暗号資産の自動売買サービス』を開始しました。

💡自分で売買のルールを決めて簡単なプログラムを作り、自動取引を行うことができます。
自動売買サービスを提供している取引所はほとんどなく注目されています!

無料のnoteなどでやり方を載せてくれいる人もいるので最初は参考にすると良いと思います。

FTTの保有量で取引手数料が割引!

通常、FTXは30日間の取引高で取引手数料が決まります。
最大手数料は、
メイカー(指値)で0.02%、テイカー(成行)で0.07%です。
(BTCとETH以外の通貨はレバレッジによりこれより追加される場合があります)

たくさん取引すれば手数料は安くなっていきます。
そして、FTTを持っているとさらに割引があります。
✅『FTT』とはFTXが発行する独自トークンの事です。FTXでは先物取引の証拠金としても使えます。

詳しくは、公式ホームぺージ で確認してください。

⚠️『FTTは』本人確認をレベル1にしないと購入できません!

レバレッジ101倍

1〜101倍まで選ぶことができます!
下記の画像の1Xや3XのX』は『』の意味です。

本人確認不要でトレード可能!

FTXは本人確認なし、メールアドレスだけで取引はできます。
ただし、出金が合計1,000USDの出金制限が設けられています。

 

本人確認のレベルによって出金可能額などが変わっていいます。

 

申請 出金可能金額
Level0:メールアドレスのみ
(登録しただけの場合)

合計1,000USD

Level1:名前、国籍、居住地域の申請

毎日2,000〜9,000USD
(トレード額がそう金額より多ければ9,000USDの出金が可能)

※FTT購入可能!

Level2:居住地の証明書、ID、セルフィーの3点の画像提出 引き出し制限なし
Level3:直近の住所証明提出、銀行証明書 法定通貨の入出金

 

 

免許証、パスポートが必要なのはレベル2からですね。

 

では、口座解説方法を解説します!

『FTX』の口座登録方法

 

まず、『FTX』の公式ホームページを開きます。

 

 

画面右上の「登録」をクリック、新規アカウントを作成します。

 

※表示が日本語になっていない場合は変更出来ます。

 

登録するメールアドレスとパスワードを入力し「SIGN UP(登録)」へ進みます。

これで、口座開設は完了です。

 

次にFTXで仮想通貨取引を行うには2段階認証を設定が必要になるので設定していきましょう。

 

 

2段階認証の設定

 「Settings」をクリックし、アカウントセキュリティーの『2段階認証(2FA)』をクリック、
「Google Authenticator」か「SMS」のどちらかを選んで2段階認証を設定してください。

✅ Google Authenticatorで設定した場合は、QRコードを保存しておきましょう!
携帯電話を変更する際などにまた必要になります。

 

🔻FTXの登録はこちら🔻

 

『FTX』の入金方法

 

 

FTXは海外取引所のため日本円の入金には対応していません
国内の暗号資産(仮想通貨)取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入しFTXに送金するのがおすすめです。
FTXは、USD建の取引が基本ですが仮想通貨(暗号通貨)を証拠金で使用可能です。
※ただし一部の銘柄では、証拠金がUSDでのみでしか取引できません。その場合は仮想通貨(暗号通貨)をConvertし、USDに変えてから取引を行います。
✅ Convertは手数料なしでUSDに変えられます。

入金の手順

1、個人アカウントの「Wallet」をクリック

2、 入金する仮想通貨(暗号通貨)の入金をクリック

3、アドレスが表示されるので横にある「COPY」をクリックし、アドレスをコピーします。
このアドレスを出金先に貼り付け、入金を行います。

 

 

入金する仮想通貨の種類・アドレスを間違えないように注意してください!

『FTX』の取引方法

 

基本的な注文方法について書いていきたいと思います。

1、ホーム画面の上に並んでいる銘柄の中から「取引したい銘柄」を選択」します。

 

2、その銘柄での「取引方法」を選択します。
Futures、MOVE、スポット市場、トークンの中から選択します。
(※銘柄によって取引可能な方法は違います。)

※「スポット市場は現物取引」、「トークンはレバレッジトークン」となります。

 

 

Bitmexと同じ「無期限先物」を取引したい場合は、「BTC-PERP」を選択してください。

 

3、注文と決済
買いと売りを選択し、注文のタイプを選択します。
注文もタイプは、「タイプ」をクリックすると、指値注文 、成行注文 、ストップ指値注文 、ストップ成行注文 、トレイリングストップ注文 、利益確定注文 、利益確定指値注文 この7つの注文方法が出てきます。

 

 

✅ 損失が出た場合、USDと仮想通貨(暗号資産)を保持していた場合はまずUSDから減ります。 USDがない場合は証拠金の仮想通貨(暗号資産)が減ります。 

 

プラットフォムが日本語に対応しているのでわかり易く操作しやすいと思います。

『FTX』の出金方法

 


画面上の「WITHDRAW」をクリック、

・出金したい仮想通貨(暗号資産)の量
・送金先のアドレス
・2段階認証のコード

を入力すると出金手続きは完了です。

仮想通貨(暗号資産)の種類」、「出金アドレス」は間違えないように気をつけてください。

 

 

また、FTXはスマホアプリもリリースしています。
 移動中にすぐにチェックした場合などはとても便利そうです。

✅ OSの場合は「App store」Androidの場合は「Google play」からインストール可能です。

 

 

現在のキャンペーン情報!

取引量に応じて報酬がもらえるキャンペーン中です

取引量 報酬
$100,000USD分 55USD
$500,000USD分 320USD
$1,000,000USD分 700USD

1,000,000USD分ってどのくらいかというと、1,000,000÷52,000(現在のBTC価格)=19.2
取引量なので買いと売りがあるので2で割ります。
19.2÷2=9.61538...
現在は、約9.6枚売買すれば700USD貰えるということです!

FTXはこのようなキャンペーンがたまにあるので見逃さずにチェックしましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました。
少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

・FTXは御堂さんが推薦している取引所ではありません。
・FTXは新しい取引所でもあるので資金管理には注意が必要です。自己管理のできる範囲で入金や取引を行うことを推奨します。

 

スポンサー
おすすめの記事